白ハトについて
Information
ホーム > 白ハトについて

白ハトについて

白ハトとは
平和の象徴である白いハトが実は平和な鳥ではないという話もありますが、 白いハトが群がってエサを食べているところを見ると心が癒されるという方もいらっしゃるに違いありません。
青い大空に白い翼を広げて舞う光景はひとときの安らぎを皆様に与えるものと信じております。
白ハトの由来
ハトは古くから平和のシンボルとして人々に愛され、帰巣性を持っており、 電話の無い時代には伝書バトとして通信手段にも使われていました。 最近では結婚式やオリンピックの開会式などでも活躍し、 公園や広場を訪れた人たちに餌をもらって楽しみを与えるコンパニオンアニマルや情操教育としての役割も果たしています。
葬儀の花輪などによく使われる鳳凰は、ハトがモデルだとも言われています。
白ハトのエピソード
ハトは古くから平和のシンボルとして人々に愛され、帰巣性を持っており、 電話の無い時代には伝書バトとして通信手段にも使われていました。 最近では結婚式やオリンピックの開会式などでも活躍し、 公園や広場を訪れた人たちに餌をもらって楽しみを与えるコンパニオンアニマルや情操教育としての役割も果たしています。
葬儀の花輪などによく使われる鳳凰は、ハトがモデルだとも言われています。
CONTENTS

ページ上部へ